「考えること」について考える。

それは、誰かの「ヒント」のために。

3d0237_22171eb2b491469087ce1310c7e657bd~mv2

元日の夜、私は部屋で電話をしていた。
紙にペンを走らせ、時折、コーヒーを飲む。
声に耳を傾けながら、私は一人、静かに興奮していた。
受話口から届く声───その声の主は四国にいた。

続きはこちら
《「考える」ことについて考える。》
関連記事
  • Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する