【評伝】中江藤樹

IMG_3717_convert_20180106171225.jpg


作家であり、陽明学研究家の林田明大氏の著書。
昨年、林田先生の講演を傾聴したことがあり、陽明学中江藤樹に興味を抱きました。


講演の様子はこちらから
《学ぶ陽明学》


本書は中江藤樹の出生から持病の喘息によって迎えた最期までを順序立てて記しています。
著者は日本陽明学だけでなく、西洋の思想(R・シュタイナーなど)などにも精通しており、独自の見解と数々の参考文献や注釈を加え、著者の思考と歴史的事実を混成しながら懇切丁寧に展開させています。


中江藤樹を知らない、または戦国時代から江戸時代にかけての基礎知識を持たない人でも、安心して読むことができます。
日本の道徳心のルーツを学ぶため、そして新たに再認識するための書。
まさに良知からくる著者の心配りでしょう。


時に西洋思想と比較し、または現代社会と比較しながら日本陽明学というものをつまびらかにする点は、読者の受け取り方に多様性を与える他、理解をより深めることの助力となっています。
そして藤樹の死後、その思想はどのように伝えられたのか。
また、その教えが文明と同化していく流れまで。



中江藤樹の思想は、江戸時代初期から体系化し、人々の心の無意識の中に根を張り、現在まで続いています。
義務教育の中で教科書の中でも大々的に取り上げられることのない藤樹。
日本人として、中江藤樹という人物を知らないということは惜しい事です。


3d0237_a1ab959755c94eabb0192d910b113995~mv2_d_3936_2624_s_4_2
〈著者の林田明大氏〉


中江藤樹は日本人で初めて「聖人」と称された人物です。
明の時代、王陽明が唱えた陽明学を日本の神道と結びつけ日本陽明学としての礎を築いた功績があります。
誠実に学問と向き合い、熊山蕃山淵岡山などの弟子を輩出しました。


主に陽明学における良知(人が生まれながらにもっている、善悪を誤らない正しい知恵のこと)と純粋に向き合い、心の在りどころに重点を置きました。

無心の信。

作為のない真の信心。
つまり、無意識にまで落とし込んだ善行こそが理想的であると教えました。
村の人々は藤樹の講話を通して人間力を養っていったのです。


最も印象に残ったのは『馬方の話』。
加賀の飛脚が京都へ向かう途中、二百両という大金を落としてしまいました。
すると馬方の男が財布を宿まで届けてくれました。
飛脚は驚いて、感謝します。
金を失くせば、自分だけでなく親兄弟の命もありません。
お礼に15両のお金を受けっとてほしいと馬方に渡そうとすると、「当たり前のことをしただけです」と頑なに受け取りません。
10両、5両、3両と減らしても首を横に降る馬方。
飛脚のあまりの懇願に「そこまでおっしゃるならば、手間賃として200文(1両=4000文)だけいただきます」と。
ようやく受け取ったその200文を馬方は、酒を買い、その宿に居合わせ者たちに振る舞いました。
「この馬方、只者ではない」
そう思った飛脚が馬方に名前を尋ねると、「名乗るような者でもございません」と答え、自分の住む村の近くに中江藤樹という人がいて毎晩のように講話をしていることを伝えました。


学問の道を進んではいない村人にも分かる言葉で道徳を説く藤樹。
この物語から中江藤樹の人間の大きさと、そのおおらかさが伝わります。
熊山蕃山はこの話を偶然宿で聞き、藤樹の元へ弟子入りしたそうです。


人間の心は清いものであると信頼し、誠実に向き合う姿勢で周りの者を感化させた藤樹。
日本人の道徳心の根っこは、この教えにあるのかもしれません。


関連記事
  • Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する