母の恩送り

26167885_319170838602342_4935128224532028228_n.jpg

朝は朝星、夜は夜星。
身を粉にし、激動の時代を生き抜いた。


広島で生まれた少年は、戦争を体験した。
父兄姉を亡くし、自ずと逞しくあることを強いられた。
少年は青年となり、守るべき家族、そして社員のために力強い大木になることを求められた。
焼野原からの復興、日本中が激しく競い合った高度経済成長を闘い抜き、そしてバブル崩壊の荒波にも屈することはなかった。
決して恵まれた環境ではなかった。
それを支えたのが母の存在。
母の言葉。


逆境を生き抜く人生哲学。


サンコー物産株式会社代表取締役会長、細川三郎氏へのインタビュー。


続きはこちら

関連記事
  • Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する