大切にすること

26047217_317654802087279_5160475941185399125_n.jpg

2017年は様々な出逢いに満ちていました。
好機とアクシデントが寄せては返す波のように交互に訪れ。
その慌ただしさの中で進路を調整しながら、その瞬間瞬間に精一杯力を注ぐ。
それは一人の力ではどうにもならないことです。
支え合う仲間がいて成立する航海。
個人よりも、チームとしての意識を強く感じた一年でした。


悲しみを分け合い、喜びを分かち合う仲間。
世界で何よりも大切な愛おしき家族。
そして、僕の心を豊かに育んでくれた、最愛の妻。


その存在を奇跡のように感じます。
心から感謝します。



《大切にすること》

僕の生活にはテーマがあります。
それは「大切にすること」。
人や物に、美しく、ていねいに接することです。
まだまだできていないことの方が多いですが、心掛けています。


大切にされることで浄化されていく。
心に傷を抱えていても、また良からぬ思考に染まっていても、誰かに大切にされることで清らかな心に変化していく。
デトックスというか、浄水器のように。
「大切にすること」にはそんな力があるように思います。


確信めいたこの考えには理由があります。
それは、自分自身が「大切にされた」から。


妻と出逢い、彼女から慈しみと愛を受けることで僕の心は浄化されていきました。
また、目に映る景色は色鮮やかに変化していきました。
心模様が、実際的な視界にこれほど影響しているとは知りませんでした。


僕は愛することや、信頼することは循環させなければいけないと思っています。
流れる川が腐らないように、想いもただ一方通行ではなく、呼応するように投げたり受け取ったりしないといけない。


その対話の中で、心の通い合う中で、ふとした所作の中で、理解が深まる瞬間や、愛おしさを感じる瞬間や、敬意を抱く瞬間が訪れます。
それらを見つけていく喜びと、複雑に絡み合う感情で深めていく関係性。
自然の中で暮らすと、季節は四種類だけでなく、 二十四節季と七十二候を肌感覚で味わうように。
ただ「好き」の中にも多様性があることを知ります。
そしてお互いが呼応し、浄化し、さらに高め合っていく。


それは奥さんや家族だけでなく、仲間への想いも同じ。
人や物に、美しく、ていねいにいること。


つまり、大切にすること。



《一番のチームに》

僕は僕自身の想う一番のチームをつくりたいと思っています。
それは仲間とつくるチーム。
家族というチーム。
そして夫婦というチーム。
誰が何と言おうと、「僕たちが一番だね」と言えるチームを。


写真は8年前に宮古島に行った時のもの。
写真を整理していて、ふと懐かしく頬が緩みました。
この屈託なく笑う笑顔を、いつまでも守りたいと思います。


今年の春からはじめたFacebook。
見よう見まねではじめた投稿。
まだ分からないことの方が多いですが、来年もよろしくお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する