シロクマヒーロー

オクトバーフェストinアリオ八尾
朗読『シロクマヒーロー』



unnamed2.jpg



来たる10月28日29日アリオ八尾で開催されるオクトバーフェスト。
僕は館内レッドコートで司会を務めさせていただきます。



そして、28日には兄弟弾き物語ユニットYuruのお二人と共に、レッドコートのステージで朗読ショーをさせていただきます!

3d0237_297f5e4bc65c48cda43a40e9d7d83387~mv2_d_3936_2624_s_4_2



Yuruは日本とタイを拠点に活動するアーティスト。

ライヴハウスだけでなく、映像作品とコラボレーションした映画館でのライヴを企画・運営する他…
YouTubeチャンネルのyurutubeでは常に新しい試みを形にして見せてくれます。
登録者数も30,000人を超え、インディーズシーンの中でも類を見ない形態で徐々にその頭角を現してきています。


彼らの生み出す楽曲はもちろんのこと、
先人の歩んだ道をなぞらない生き方に深く共鳴しました。


そして今年の9月、僕もYuruの取材で人生初タイを経験しました。


↓こちら
弾き物語ユニット ゆる JAPAN EXPO IN TAHILAND 2017





そして、今回の朗読作品。

『シロクマヒーロー』

こちらは童画家の徳治昭さんをイメージして書いた物語。


1705261.jpg



徳さんとコラボレーションさせてもらったり、取材を通して、「徳さんの物語を作りたい!」という想いから完成しました。
出来上がった物語を持って徳さんに会いに行ったのが1年半前。


「この作品で僕とコラボレーションしてください!」


内容をじっくり読み、
そして快く承諾してくださった徳さん。
その年、『ほしからのおくりもの』という詩集を一緒に作らせていただきました。


0_df4b3fde592cf8069f202498a0ee46aa_583x585.jpg


その時のあとがきに、『らいおんサンとの出会い』という題で、妻の亡くなった母のことを書いたんですね。
それを読んだ徳さんが僕たちに内緒で、このような絵を描いてくれたんです。


C74udwCVMAAp_6F.jpg


おつきりんの上に座る僕と妻。
そして、らいおんサン―母の顔にも見える―。


僕たちの知らない間に、このようなスペシャルなものを…
そのことに感激しました。
(徳さんは、少しも準備しているなんていう素振りを見せません)

徳さんの個展会場でその絵を見て、思わず僕も妻も涙。
ふと見ると、徳さんの目もウルウル。
大のオトナが3人そろって、涙。

一生忘れられない思い出です。


「『シロクマヒーロー』の物語を、ということで、僕もそのつもりだったんだけど、あんな『あとがき(らいおんサンとの出会い)』の文章を読んでしまうと、これを描かずにはいられなかったんだよ」


優しい瞳で、徳さんはそう言ってくれました。
数々の個展会場を巡り、最後に僕と妻へその絵をプレゼントしてくれた徳さん。
その絵は、今、僕たちの家のリビングに飾られています。


CqNqnE0VMAABHmJ.jpg



そんなことがあり、一年が過ぎ。
僕は徳さんに会いに行きました。
個展で全国を周り、たくさんの有名人の絵を描く徳さん。
忙しい時間に無理矢理スペースをつくって、会ってくれました。

二人、居酒屋のカウンターでサシ飲み。
徳さんとサシ、ということなので僕も嬉しく、普段飲まない酒をやりながら。
数々の創作秘話を聴かせてもらいました。

一枚の絵にかけるエネルギー。

その気迫と圧倒的な熱量。
魂を削りながら描いているのが伺えます。
その話を聞きながら、『シロクマヒーロー』の主人公シロクマのサフランの姿が重なります。
そりゃそうだ、サフランのイメージは徳さんなのだから。
やっぱり描いて欲しい!


「徳さん、シロクマヒーロー描いてください!」


勇気を出して、そしてバカになって、言いました。
すると…


「そういうことなんだと思います」


徳さんはそう言いました。


「去年は、あの絵を描かざるを得なかった。そして、色んなことに追われていました。『シロクマヒーロー』を描くのは、今なんだと思います」


徳さんは常々、
「作品は僕の意志が描くのではなく、何か大きなものに描かされている」
そう話します。
色んなタイミングが重なって、形になる、と。
こうして、停止していた『シロクマヒーロー』がゆっくりと動き始めました。



そして、その作品が今回のオクトバーフェストで公開されます。


徳治昭×Yuru×嶋津亮太
朗読『シロクマヒーロー』



徳さんの絵と、Yuruの音楽と、僕の朗読(文章)が一つに。





徳さんと酒を酌み交わした直後、すぐにYuruの優生くんに連絡しました。

「どうしたの?」

「お願いがあります!」

その旨を伝え、優生くんに文章と歌詞を渡しました。
そして一昨日、できたてホヤホヤの楽曲が送られてきました。

僕の文章を、サフランの世界を、深く読み込んでくれた、
それはそれは、素晴らしいメロディとハーモニー。

「亮太のお願いだったら、とりあえずOKと言おうと思っていた」

そう言ってくれた優生くん。
感謝で胸がいっぱいになりました。

Yuruと僕の文章がステージの上で重なり、立体的な空間ができあがる。
それを想像するだけで、力が漲ります。



是非、みなさんオクトバーフェストでは『シロクマヒーロー』の朗読を見に来てください!





【徳治昭×Yuru×嶋津亮太 朗読『シロクマヒーロー』】

▼日時▼
28日(土)
16:30~


▼場所▼
レッドコート





【徳治昭個展】

▼日時▼
28日 11:00~20:30
29日 11:00~17:00


▼場所▼
アリオ2階ファッションフォレスト
徳治昭個展ブース






【Yuru special live】

▼日時▼
28日
17:00~


▼場所▼
レッドコート





3d0237_621451e818124302b5c431e746cb3a02~mv2_d_3936_2624_s_4_2

1705257.jpg

3d0237_5b02295376984bdc94b275f6828046d2~mv2_d_3936_2624_s_4_2





当日、オクトバーフェストでお会いしましょう!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する