小規模多機能ホーム「あぷり」の流しそうめん

流しそうめんで涼やかに。



17071562.jpg



夏真っ盛り。
スイカが美味しい季節です。

先日、小規模多機能ホームあぷりさんを取材させていただきました。

そこで行われた流しそうめんの模様を紹介します。



竹を用意して、キッチンから竹を伸ばします。
本格的!

17071505.jpg



竹と笹の葉の緑、そこへ水が流れるともうこれだけで冷涼感が。



手作りの星やスイカで飾り付け。
かわいいです。


17071501.jpg

17071502.jpg



準備は整いましたでしょうか?


この上をそうめんが流れていきます。
ワクワク。
この傾度!
竹の香りが部屋を満たします。


17071504.jpg


さぁ、ついにはじまりました!


17071513.jpg

17071514.jpg

17071515.jpg

17071516.jpg

17071517.jpg

17071518.jpg

17071519.jpg



みなさん、竹の上を流れるそうめんにお箸を伸ばします。
おいしそうに食べる表情。
あぁ楽しそう!
あぁおいしそう!





スタッフの方がステレオのスイッチを入れると…

17071503.jpg


リーン、リーン、リーン……


夏の虫の鳴き声で涼しさを演出。





みなさんが喜んでいる表情に、スタッフの方も思わず笑顔。

17071520.jpg



ここからそうめんを流します。
スタッフの方々のアイディアでお次は別の食材を。
もずくは皆さんいかがでしょう?



17071522.jpg

17071523.jpg

17071527.jpg



みなさん、会話しながら楽しく、そうめんをちゅるちゅる



17071530.jpg

17071531.jpg



あぁ!楽しいっ!



17071533.jpg

17071534.jpg



もうみなさん、最高の笑顔です♪



17071537.jpg

17071538.jpg

17071539.jpg

17071542.jpg

17071543.jpg

17071544.jpg



スタッフの方々もテキパキと。
利用者さんの笑顔を見て、スタッフの方の表情も思わず笑顔に。
みなさん楽しそうに働いてらっしゃいます。



17071536.jpg

17071521.jpg

17071552.jpg

17071553.jpg

17071554.jpg





食べて、笑って、涼しんで。
わいわい賑やかに、あっと言う間に時間は過ぎていきました。





17071547.jpg

17071549.jpg

17071550.jpg

17071551.jpg

17071556.jpg

17071557.jpg

17071558.jpg








あー楽しかった!

17071507.jpg



今回取材させて頂いた小規模多機能ホームあぷりさんは介護専用の福祉施設。

宿泊介護訪問介護通所介護(デイサービス)の主に3種類のサービスを利用者へ提供しています。


《小規模多機能ホームあぷり》クリックしてください♪


協力医療機関による口腔ケア、美容師のカット訪問、一流の料理長による手料理、外出サービス、身体を動かすためのジムまで。
充実した施設内容と行き届いたホスピタリティ



そして、これまたあぷりさんの魅力の一つとして代表されるのが週に一度のレクリエーション

季節に応じたイベントや、外部からゲストを招いての催し、スタッフの方々が考案したオリジナルなゲームまで。
四季を肌で感じ、楽しさを共有できるスペシャルな時間です。



今回の「流しそうめん」もそのレクリエーションの一つ。
スタッフさんはひと月前から、企画と準備をはじめます。

17071511.jpg

道具や衣装は手作りで工夫するのもスタッフさんのお仕事。
一つ一つの飾りを見てもぬくもりを感じます。

ちなみに今回のそうめんを流したもスタッフさんの手作りです。





17071555.jpg

お話を聞かせて頂くと

スタッフの高田さん
「週に一度のペースですからとっても大変です。
でも、毎回知恵を絞りながら力を合わせて楽しく作っています」


というお言葉が。





あぷりさんでは年に一度8月に、納涼祭を開催しています。

昨年はブラジルをテーマに納涼祭を開催しました。
本場のサンバチームを招き、利用者の皆さん、そのご家族の方の前でダンス。
料理長がブラジル料理のシュハスコ(鉄串に牛肉や豚肉、鶏肉を刺し通し、荒塩(岩塩)をふって炭火でじっくり焼く料理)でおもてなし。

「やるならば本格的に」という信念のもと、納涼祭は開催されます。
予想通り、大盛り上がり。



料理長も社長の言葉通り、「作るなら本格的な料理を楽しんでほしい」という心意気。
シュハスコだけでなく、マグロの解体ショーや、土用の丑の日には鹿児島からウナギを仕入れて目の前で捌いて蒲焼にしてくれるのだとか。

料理長
「病院へ入院した方が『早くあぷりに戻って料理が食べたい』とおっしゃってくださるんです。
やはり食は大切な要素だと思います。
本格的に力を注ぐことのできるここでの料理はやりがいがあります」


そう話してくれました。





次回の納涼祭は8月23日~日中友好フェスタinあぷり~
中国をテーマに日中友好の本格的なイベントになる模様です。

スペシャルゲストは中国太極拳全国チャンピオンの劉一丁(リュウ・イーティン)さん。

1705227.jpg

華麗な太極拳と剣の剣舞を披露してくれます。



料理長のスペシャルな中華料理は、当日のお楽しみ♪
さて、どんなイベントになるのでしょうか?
楽しみです!






【あぷりのスタッフさん】

17071559.jpg

17071560.jpg

17071561.jpg



週一あぷりのレクリエーション。
みなさんの笑顔に包まれた素敵な時間でした。

17071563.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する