世界一のおもてなし

メートル・ドテルの宮崎辰さんの著書。
今週末に宮崎さんのトークショーの司会のお仕事が。
数年前読んだこの本を本棚から引っ張り出してきて、再読。
トークイベントのための予習と思いながらも、やっぱりすごい。

2012年「クープ・ジョルジュ・バティスト」サービス世界コンクール東京大会で世界各国の代表と競い合い、見事優勝。
宮崎さんは世界一のサービスマンとなります。

サービスマンの世界大会?
そんなのがあるの?

って思うかもしれません。
それが、あるんです。

内容がこれまた想像を絶するもの。
例えるならば、武井壮さんて有名になった「陸上10種競技」のようなもの。

どういうことなのかというと、100m走に走り幅跳、砲丸投げ、棒高跳びなど計10種の種目のトータルを競い合うように、クープ・ジョルジュ・バティストの大会では、

肉のデクパージュ(切り分け)からフルーツカッティング、フランス語英語でのお客様との会話からオーダー、ワインのブラインドテイスティングに栓抜き、デキャンタージュ、チーズの切り分け、カクテル作り、コーヒーまで

あらゆるサービスを一連の流れの中、競い合います。
要は圧倒的な知識と技術、または語学力に教養、美しさが求められるのです。
料理人、ソムリエ、バーテンダー、バリスタ、接客。
飲食のありとあらゆる分野を網羅していなければ成立しないスペシャルな競技なのです。
その世界で一番ですよ。
宮崎辰さんのサービスマンとしての凄さを分かってもらえましたでしょうか?

本書は「世界一」への道のりを描いた物語。
宮崎さんの哲学と理念が刻まれております。

料理はシェフが美味しいと思うものを出せば良いのですが、サービスはお客様を主体とします。
つまり、お客様はシェフの作る料理を食べにくるのであって、シェフがお客様に合わせるわけではない。
これがサービスの場合は逆になる。
サービスマンが「良い」と思うサービスを先行するとお客様の好みが分かれてしまいます。
そうではなく、サービスマンはお客様それぞれが求めるものを先読みして提供する必要があるのだ、と。

洞察力と日常の意識を鍛えること。
そして、それぞれのテクニックを日々磨くこと。
何より「継続」の大切さを宮崎さんは訴えております。
「クープ・ジョルジュ・バティスト」の大会のための類稀なる努力、その日々の蓄積が自信をもたらせた。
それらのストーリーはサービスの業界だけでなく、あらゆる職業にも言い得ることだと思います。

  • Category:

争いのない世界

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

株式会社MIMAの人気の理由vol.3

~黄色い情熱に燃える社長~美馬さんと話してみた。




《株式会社MIMAのyoutubeチャンネルより、会社紹介》



業界トップ訪問。


思いついたら即行動。


美馬社長の昔からのスタンス。
考えるよりも先に動く。
いや、この表現は生ぬるいかもしれません。

「感動した瞬間、気付いていれば動いていた」

と言った方が正しい。





司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読み終えた瞬間、身体中に電気が走った。
そして、気付けば高知県にいた。

美馬さんにはそんな逸話もあります。
涙を流しながら朝日を見つめ、ポツリ一言。

「日本の夜明けは近いぜよ」

とにかく感動したならば、動かずにはいられない。



本を読んで心を突き動かされたならば、著者に会いに行く。
全国何処に居ようと、必ず会いに行く。



美馬さんは言います。

「情報っていうのは活字になった時点で既に古いんです。
最も新しい情報(最新のアップデートされているもの)が手に入るのは直接会って話すことなんです。
知識としての情報だけでなく、空気感を含めて、その人の思考や哲学を知ることができる」






今回で【株式会社MIMAの人気の理由】シリーズは最後になります。
最終話は美馬功之介社長の業界トップ訪問について。

ラストの記事は僕の言葉で美馬さんの物語をストーリーテーリングしてみたいと思います。

若干、僕の想いが溢れ過ぎた表現があるかもしれません。
悪しからず。





それでは最終回、行って参りましょう!










それはまだ美馬商店が社員5名ほどだった時代。
ある日、美馬さんはソフトバンクの孫正義氏が高校生時代に、日本マクドナルド創業者の藤田田氏に会いに行ったという逸話と出逢い、感銘を受けます。



久留米にいた無名の若者(孫正義)が、藤田田氏の著書を読んで会いたいと思った。
その一心から直接東京まで会いに行った。
そこで孫正義氏は藤田田氏に質問します。

「今から商売するのならば何が良いか?」

その時、藤田田氏は「コンピューターだ」と答えたそうな。





そのストーリーを知った美馬さんは専務の稲葉さんと二人で業界トップ訪問というテーマを掲げます。


「業界トップ訪問」とは読んで字のごとく「その業界のトップに会いに行く」という趣旨のもの。



よし、自分たちの業界のトップに会いに行こう。

建築・不動産業界で超一流の人物といって一番に思い浮かんだのが樋口武男氏。
言わずと知れたダイワハウスの代表取締役会長兼CEO


文句なしに業界No.1の人物です。


思い立ったが吉日。
すぐに行動を起こすのが美馬功之介という男。





美馬さんは樋口会長に手紙を出しました。
もちろん直筆で、想いの丈を込めた言葉を書き連ね。


もはやそれはラブレター


長文の内容は要約すれば「あなたに会いたい」like a 松田聖子のアティチュード。





意気揚々と手紙を投函しましたが、先方からは音沙汰無し。
「これはおかしい」と美馬さんは樋口会長へ再度、計3度の手紙を送ります。

しかし、待てど暮らせど返事はありません。
それもそのはず、超トップクラス上場企業の会長です。
美馬さんの送った手紙は、「やぎさんの郵便」よろしく、黒ヤギさんに読まずに食べられたのと同じ。
いやはや、会長の元まで届いていない確率の方が大きいのです。


「端から見たらストーカーですよwww」


当時のことを振り返り、豪快に笑いながら美馬さんは話しました。
押してダメなら、もっと押せ。
美馬さんの辞書には「退く」の文字はありません。
返事が来ないものだから、代表のメールアドレスへ直接メールを送りました。


「樋口会長、手紙読んで頂けましたでしょうか?」


当然返事はなく。
美馬さんの辞書は欠陥品で「退く」以外にも、「諦める」という文字もまたありません。

諦めはしないけれど、どうすればいいのか分からない。
どうやったら会えるのだろう。
ああでもない、こうでもない、と様々なアプローチを試しました。



ある日、当時グループ会社で共に働いていた同期の女性と久しぶりに再会しました。
彼女は美馬さんが西宮のマンション販売チームとして動き回っていた時にしばしば手伝いに来ていた方です。
再会を祝し、お互いの近況報告や仕事のことを話し合いました。
同期ということもあり、彼女との対話は非常に刺激的なものでした。





人生はオモシロイ。
世の中何が起こるか分かりません。
魔法がかかったように、それは突然訪れます





ある日、会社の電話が鳴りました。
母が受話器をとり、しばらく受け答えしていると、

「功之介~、樋口さんから電話よ~!」

「え?俺に?どの樋口さん?」
何て言いながら受話器を受け取る美馬さん。
相手はまさか。

そう、そのまさか!

美馬さんも一兆円企業の会長から美馬商店に電話がかかるとは思いもしません。

「はい、お電話代わりました」

と美馬さんが電話口に声をかけた瞬間、樋口会長の第一声。

「おう、お前、なんや!?」

一息でその言葉に飲まれたと言います。
まさか、まさかの樋口会長直々からの電話。
慌てる心をなだめながら説明します。


自分は美馬功之介であるということ。
建築・不動産業界に従事しているということ。
八尾という町で日々奮闘していること。


そして、手紙を3度お送りしたこと。


その瞬間、



「あれはお前か!」



なんと樋口会長、美馬さんの送った手紙をちゃんと読んでくれていたようなのです。





感激しながらも、一生懸命美馬さんは話しました。

「僕たちの業界のトップは樋口さんです!
尊敬しています!
5分だけで良いので、話聞いて下さい!」




まさかが起こると、その「まさか」は雪崩のように続きます。
まさかまさかの樋口会長からの返答。



「分かった。明日の〇〇時、本社に来い」



どっひゃーん!!!

奇想天外、びっくり仰天。
美馬さん、入っていた予定も何も考えず、

「はい、お伺いさせて頂きます!」

千載一遇のチャンス。
詰まっていた予定はどうにかなる。
とりあえず何より優先すべきことは、業界のトップである樋口武男会長と会うこと!




次の日、美馬さんは専務の稲葉さんを連れて大阪市内にあるダイワハウスの本社へと軽トラを走らせました。

「おい、こんな機会、二度とないかもしれんぞ。
よく見とけよ」


美馬さんがそう言うと、稲葉さんは黙って頷きました。
カチンコチン、喉はカラカラ。
そりゃあ緊張するってなもんじゃありません。
今から雲の上の人に会いに行くのです。





本社へ到着し、受付で名前を言うと、なんと会長室へ通されました
一零細企業の人間を会長室に入れてくれるという樋口会長の懐の深さに感動しながら、美馬さんは一冊の本を抱えて歩きます。


それは樋口会長の著書


今までに擦り切れるほど読んだ大切な一冊です。
多忙な樋口会長が相手です。
5分しか話せない中で、くだらない質問などできません
赤ペンでラインを引いたり、ポストイットで付箋を貼ったりした、愛着のあるその本の中から何を聞こうか?
美馬さんは昨夜も寝ずに考えました。





さて、遂にやってきました。

目の前には会長室が。
扉をノックし、中へ入ります。


「失礼致します!
美馬商店の美馬功之介です!」



緊張を振りほどくように溌溂とした挨拶を。
そしてその姿を見た会長の第一声。



「お前が美馬か!」



感激の瞬間でした。



さぁ、タイムリミットは5分です。
何から聞こう。
昨夜何度もシミュレーションした質問内容。
バクバク鳴る胸を抑えながら、話そうとすると、会長が美馬さんの抱えている本に気付きました。


「おっ!お前それ」


そう言って美馬さんの手から奪い取り、パラパラめくります。
そしてフッと微笑み、


「読んどるなぁ、お前」


樋口会長、美馬さんが読み込んだ赤線と付箋だらけの本を見て嬉しかったのでしょう。
なんと5分の約束のはずが、90分も時間を割いて話してくれたそうです。





感激の美馬さんと稲葉さん。
樋口会長の器の大きさ、そして懐の深さに感動しっぱなしだったようです。
こうして、業界トップ訪問は実現したのです。
美馬さんにとって、大きな大きな一歩でした。



その時、樋口会長からかけて頂いた言葉。

「いいか、お前たちは地域から出るな。
ここまで成長したダイワハウスには大きい仕事はできても、細かいことはできない。
まずは本当に困っている自分の地域のお客さんを喜ばせることに集中しろ」




美馬さんは樋口会長のそのアドバイスを今尚、守り続けていると言います。





業界トップ訪問から後日、美馬さんの携帯が鳴りました。
相手は以前、再会した同期の女性。


「樋口会長に会えた?」


な、なぜそれを!


「会えるようにプッシュしといたわよ。
私のおかげよ。
今度ケーキごちそうしてね♪」



話の顛末はこうでした。
その女性は、偶然にも樋口会長の秘書と同期だったのです。
その方と秘書の方がお話をしている時に美馬さんの名前が出たらしく。
微かに「美馬」という名前を記憶していた秘書の方は(何度も手紙が届いていましたから)、会長へ手紙が渡っているか問い合わせてみたようです。
この地点で手紙は秘書室に保管されたまま、会長の手には渡っていなかったようです。



それらの偶然が重なり、会長の手に美馬さんの直筆の手紙が届きました。



その話を聞いた美馬さんは驚きで言葉が出なかったのだとか。
普段からやりたいことや掲げている目標を口に出していた美馬さんだからこそ訪れた縁。
目標達成のために動き続けていたことは決して無駄じゃなかった。
神様はちゃんと見てくれています。
そんな神様が美馬さんにチャンスを与えてくれましたのかもしれません。



もちろん美馬さんがその電話の女性にケーキをごちそうしたのは言うまでもありませんwww





その日から今でも樋口会長とのお付き合いは続いているのだとか。
この話を聞きながら僕は感動で目頭が熱くなりました。


美馬さんの話は偶然の連続。
テーマパークのアトラクションのようにスリル満点、エンターテイメントでありドラマティック。


出会いというのは突然訪れます。
しかし、草木が土から突然顔を出すように見えても、実は土の中では根が伸びて芽を出す準備をしているのと同じように。



出会いにも準備がある。



樋口会長と出会えたことも、決して「突然」ではなく、ましてや「偶然」などではない。
僕はそう思います。
美馬さんの人間性があったから、再会した同期の女性は美馬さんと話をした。
その方はグループ会社時代の美馬さんを知っている。
仕事に直向きな美馬さんを、熱く優しい美馬さんを知っている。



だからこそ、応援したくなった。



そうなのではないでしょうか?
もしグループ会社時代の美馬さんが嫌な奴だったら、再会した時も挨拶程度に留まっていたのではないでしょうか。
その女性が樋口会長の秘書の前で「美馬」という名前を出すこともなかったのではないでしょうか。
(出ていたとしても悪口だったのではないでしょうかww)
だとすれば秘書の方が樋口会長に手紙を届けることはなかったでしょう。



美馬さんがグループ会社に在籍し、誠実に働いていた時には既に、樋口会長と出会う準備が始まっていたのかもしれません。
もっと言うと、出会うことは決まっていたのかもしれません



素直であれ、誠実であれ、そして明るくあれ



美馬さんと話していると、そんな言葉を感じます。





樋口会長とのお話はまだ続くのですが、それはまた別の機会に。



こちらの音源から続きのストーリーを聴いて頂けます。





僕の見た美馬功之介社長

感動衝動を何よりも大切にする人なんだと思います。
誰よりも感動するから、人を感動させることができる。

その行動力は美馬さんへ降りかかった初期衝動によるもの。
一番最初に訪れた衝動から、美馬功之介という男は走り続けています。

壁にぶつかる度に、自分を大きくさせて、乗り越えていく。

人間を大きくして、走り始めるのではなく。
走りながら人間を大きくしていく。


そんな人。
そんな、不思議な人
そして今も変わらずに走っている。



黄色い情熱はメラメラと、焔を上げながら今日も八尾の街を明るく照らしています。



17070701.jpg
続きを読む
  • Category:

奈良での一日

古都を巡る。






先日、奈良で打ち合わせがありました。
内容は7月29日に行われるイベントについて。

世界一のおもてなしメートル・ドテルの宮崎辰さんと株式会社SNOW代表取締役の谷本由希さんによるディナートークショー。
その司会のお仕事の打ち合わせ。

打ち合わせの段階で、興味深いお話の連続。
本番当日が楽しみです。



ちなみに、8月にもお二人のイベントが開催されます。

IMG_1161.jpg












14時に予定が全て終了。
せっかく奈良まで来たので、妻と一緒に古都巡り。

以前、お店のお客さんが勧めてくれた唐招提寺へ。
その方は建築の仕事をされていて、「奈良で一番美しい場所は唐招提寺だ」と教えてくれました。

ずっと行きたかった場所です。

IMG_1158_convert_20170724000300.jpg

こちらは金堂という国宝です。

中には盧舎那仏坐像(国宝)や薬師寺如来像、十一面千手観音像が置かれています。



唐招提寺
唐招提寺は、南都六宗の一つである律宗の総本山です。
多くの苦難の末、来日をはたされた鑑真大和上は、東大寺で5年を過ごした後、新田部(にたべ)親王の旧宅地(現在の奈良市五条町)を下賜されて、天平宝字3年(759)に戒律を学ぶ人たちのための修行の道場を開きました。
《唐招提寺HPより》


鑑真和上とゆかりの地なのですね。



IMG_1144_convert_20170723235846.jpg



ぽつりぽつり、と妻と歩く。



IMG_1146_convert_20170723235927.jpg



緑に囲まれて心が穏やかに。
葉に光が照り返し、ちらちらと輝きます。



IMG_1148_convert_20170724000052.jpg



美しい御影堂の玄関口。



IMG_1150_convert_20170724000152.jpg



そして感動的だったのは、きらきらと光の踊るこの場所。



IMG_1152_convert_20170724000216.jpg



幻想的な風景が広がります。








とても美しい苔に囲まれた開山御廟

開山御廟
境内の北東の奥まった静かな場所に位置する鑑真和上の墓所。
同時期の高僧の中では唯一、1250年の永きに亘って、参拝する人が途絶えません。現在は御廟前に和上の故郷・揚州から贈られた瓊花が植えられ、初夏にその可憐な花を咲かせます。



久々に奈良のお寺を歩きました。
あー気持ちい良い。

するとスタッフのミツルくんから電話が。
彼は役者。
どうやらドラマの撮影がうまくいったようです。
良い知らせが届いて、とても嬉しい気持ちに。
より一層、唐招提寺の風景が僕の瞳には美しく映りました。








それから、どこへ行こうか、と。

僕が行きたかったのはくるみの木というカフェ。
以前、家族で訪れた場所です。
カフェの内容ももちろん魅力的なのですが、四季折々を感じさせる庭を見に行きたかった。



しかし、妻は別のところが良いみたい。
(くるみの木は)あまり乗り気じゃありません。
少しだけ考えて、妻の行きたいところを聞いてみました。



最近、僕の独断で目的地を決めていました。
空いた時間を見つけてはイベントにしろ、食事にしろ色々動き回ります。
ずいぶんと自分勝手に行動していたように思います。
妻は大体僕の意見を尊重してくれるのですが、それがあまりにも当たり前のようになっていて。
とても申し訳のない気持ちになりました。



だから今回は妻の意見を優先しました。
妻が行きたかった場所は「ほうせき箱」という名前のかき氷屋さん。
奈良駅の近くの駐車場に車を停めて、二人で歩き始めました。



足の悪い妻も一生懸命歩きました。
古民家の並ぶ細い道。
僕らは「ほうせき箱」を探しててくてく歩きます。
でも、どこなのか分からない。
迷路みたいになっていて結構分かりにくいんですね。



すると発見。





何だ、君かwww

「ほうせき箱」ではなく、アオムシくん。





アオムシくんの頭から黄色い何かが飛び出して、手にかかりました、
匂ってみたら、驚くほど臭いんです。



Twitterで親切な人が教えてくれました。
あの黄色い角みたいなものは肉角というらしく。





アオムシくんを花壇の葉の上に乗せ、お別れ。
臭くなった手で「ほうせき箱」を探します。



汗だくになりながら、しばらく歩いてようやく発見。
しかし何と1時間待ち

しかも1時間待ってもその地点で氷があるかは保証できない、とのこと。
よく意味が分かりませんが、とにかく壮絶なほどの流行りよう。
妻と相談。

僕たちは「ほうせき箱」を諦め、第二候補の「御茶乃子」というかき氷屋さんへ。
また歩かなきゃいけない。

でも、妻は文句を一言も漏らさずに歩きました。
「亮太君の買ってくれたこの靴は歩きやすいなぁ」
なんていうひとり言までつぶやいて。
なんだか心がキュッと締め付けられたような気持ちになりました。





20分ほど歩いて念願の「御茶乃子」へ到着。
30分待ち。
いやぁ、夏のかき氷屋さんってこんなにも人気なんですね。
かき氷にそこまで興味のない僕には驚きの事実でした。



しっかり列に並んで、ようやくお店へ。

IMG_1170.jpg



さぁ、念願のかき氷。
こちらは妻の注文したほうじ茶味
見ているだけで涼やか!



IMG_1169.jpg



そしてこちらは、僕の注文した抹茶味



IMG_1171_convert_20170723232836.jpg



いっただっきまーす!



んー、染みる染みる!
疲れた身体に氷が染み込む!

はぁー生き返る!

最高に美味しいのです。
かき氷が、最高に。

それはたくさん歩いたのと、たくさん汗をかいたのと、たくさん疲れたのが、とても良い具合に旨味効果をもたらしてくれたのだと思います。
(もちろん御茶乃子さんのかき氷が格別の味だったっていうことが一番の要素ですが)



にしても、人生で一番美味しいかき氷でした
妻もしゃくしゃくと美味しそうに氷を口に運びます。
二人ともあっという間にぺろり。
空の器を眺めながら、疲れた身体が回復していくのを感じました。



さぁ、帰りましょうか。
店を出て、またてくてく歩く僕と妻。
駐車場までは結構長い道のりです。



普段なら絶対に文句を言う妻ですが、今日は言いません。
それは自分で「かき氷を食べる」と決めたから。
絶対に足が痛いはずなのに。

「あぁーかき氷おいしかったねー。
今日はびっくり、足も楽だよー!」


なんて言って。
その健気な言葉に思わず目頭が熱くなりました。





こんな幸せそうな妻を久しぶりに見ました。





もっと妻の行きたい場所へ連れて行ってあげよう。
心の中でそう決めました。
本当、いつも僕のわがままに付き合ってくれてありがとう。





奈良でのヒトトキは、色々なことを考えさせられた幸せな一日でした。



Thank you,mainichi Tomoko.


高校生のスピーチコンテスト

僕の教え子がスピーチコンテストに出場します。





僕のところに相談に来ました。
「テーマを一緒に考えて欲しい」
とのこと。

嬉しいものですね。
一緒に作戦を練りながら文章を作りました。

こちらはボツ案です。
あぁ、学生時代にこのような体験をできるってすばらしいことですね。














~ここからはブロマガ会員限定です~

登録お願いします♪
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?