アマデウス

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

高校生スピーチコンテスト

We love English.



17091607.jpg



先日、八尾商工会議所3F大ホールにて、高校生英語弁論大会が行われました。
当日は台風が近畿一円を襲来し、中止(延期)が危ぶまれましたが、時間を早めての開催。

エントリーした14名の高校生が登壇し、英語でスピーチしました。



17091608.jpg
〈会場の様子〉



高校生英語弁論大会とは八尾ライオンズクラブの主宰する催しの一つで、今回で38回目を迎えます。
高校生たちはあらかじめ、日本語と英語の両方の原稿を作成し、提出します(文面の内容も評価に入る)。
そして、当日、原稿の内容を元に壇上で一人一人スピーチします。
発音や声量など、主に表現力が評価のポイントではないでしょうか。



17091606.jpg
〈真剣な眼差しの審査員〉



そんな中、ある一人の女の子が登壇しました。

DSC_0669_convert_20170920163652.jpg


実は、彼女、僕の教え子なんです。
彼女が小学六年生の頃、私立中学の受験を迎えることとなり、数ヵ月間家庭教師をしました。

受験を決意するのが周囲よりも遅かったのもあって、「難しい」と言われた進学でしたが、見事合格。
逆境の中、参考書と向かい合った日々を考えると、喜びも一入でした。
彼女の努力の賜物です。
そして、力を合わせて共に過ごした時間は、僕の宝物です。

あれから数年が経ち、今、目の前のステージ上で彼女が英語でスピーチをしています。



17091602.jpg



親心のような心配はよそに、彼女は凛として、語り始めました。
全身の毛が逆立つような感動を、その時に覚えました。

彼女はもう、僕の知っている彼女じゃない。

どこまでも毅然として、こよなく健やかで。
ジブリ映画の主人公が、通過儀礼を通して、成長していくように。
歌うような美しい声と、清らかな笑顔で舞台上はいっぱいでした。



僕の妻を見ると、ボロボロと涙を流して泣いていました。
それもそのはず、で。
その子は、妻の幼馴染の娘さんなんですね。

赤ん坊の時からずっと知っているわけです。
妻に話を聞くと、スピーチの間に「様々な記憶が走馬灯のように蘇った」と言いました。
自分の口癖(博多弁)を真似ていた幼き日の彼女。
天真爛漫だった幼少時代から、控えめでおしとやかな性格に移り変わっていく姿。
ドキドキしながら見に行ったピアノの発表会。
何事にも直向きに取り組んだ、その小さな体、小さな笑顔。

淀みない想い出が映像として自然と溢れ出して、涙が止まらなかったと言います。



17091604.jpg



あっという間のようで、長い長い4分間でした。
この4分間のために注いできた時間と努力を考えると、胸はいっぱいになりました。

終わった後に、笑顔で「見に来てくれてありがとう!」と言った彼女は、眩しくて。
それだけで、そう、その素直さが彼女の人間性を映し出しています。

彼女は可能性が無限に広がっていて、きらきらと輝いています。
全ての経験を滋養として、逞しく成長していく様子に、心から感動しました。
それはもう、震えるほど。



小学生の頃からピアノを習っていた彼女。
スピーチでの抑揚の使い方やステージでの度胸はそれが役に立ちました。
中学に入り、素敵な先生との出会いで好きになった英語。
「今回のスピーチは、様々な経験が糧となって、自分らしさを出せた」と言いました。
そしてそれらの経験全てに感謝をしている姿を見ると、これから未来へ歩む彼女のことが楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。



彼女だけではなく、スピーチコンテストに参加した14名全員に拍手を送ります。
うまくいった人も、思うような成果が出せなかった人も、自分の中で思うところは様々ありましたが、全員が素晴らしかった。
それらの経験は必ず、糧となります。
これから歩む未来のための大きな力となります。
そういった貴重な場を提供している大人がいることに、僕は二つ目の感動を覚えました。
この企画に参加している方、全員に感謝します。
感動をありがとうございました。



17091605.jpg

実は大会の前日は、僕の誕生日だったんです。
その度に手書きの手紙をくれる彼女。
それは小学生の頃からずっと続いています。
僕は手書きの手紙が一番嬉しいんです。
どんな高価なプレゼントよりも心に残ります。

年を重ねるごとに、文字も言葉も美しくなっていく手紙。
変わらないのは唯一、彼女の人間性。
そして、その人間性がある限り、周りのみんなは彼女の夢を応援したくなる。
それが彼女の最大の財産なのかもしれません。
本当に素敵な女の子です。

そして手紙と同じように、このコンテストが最高の誕生日プレゼントとなりました。



追伸
高校生英語弁論大会では上位に入賞したという嬉しい報告がありました!

MUSIC CIRCUSな一日

8月の、とある一日。



17090902.jpg




翌日、泉州で行われるMUSIC CIRCUSにてLIU武術協会でのデモンストレーションが行われるということで、りんくうタウンに前乗りすることに決めた僕と妻。
ここのところ取材や司会業などで毎日あっちに行ったりこっちに来たり。
昼も取材が一件、カメラとICレコーダーを常備することも当たり前となった近頃。
真夏の近畿道、車を走らせながら日程の調整、記事をまとめる目処を整理しつつ、「最近本を読めていないなぁ」なんてなことを思う。

りんくうタウンに着いた頃には黄昏時。
アンズのような夕日が泉南の海に溶けていく。
道路は渋滞、ララランド。
歩道には浴衣を着たカップルと大陸からの観光客がワンサカ。
なるほど、渋滞の理由は泉南祭りの花火か。

僕たちはワシントンホテルに着くと、大量の荷物を抱え(パソコンだの、着替えだの、カメラだの、スピーカーだの)フロントでチェックインを済ませた。
部屋は14階の角。
カドの14、ラッキーだぜ。

荷物を置いて、お腹を満たすために街へ繰り出した二人。
この日に限って無性にハンバーガーを食べたくなる。
「よし、今日はハンバーガーを食べるぞ!」
と決め打ちで挑んだものの、車道の渋滞と歩道を歩く人の多さに不穏な予感を感じずにいられない。

案の定、りんくうプレミアム・アウトレットにある唯一のハンバーガー屋(ハワイ系)さんは大行列。
待ち時間を確認せずとも、この人の多さに辟易。
足早にアウトレットから抜け出す。

お次はスターゲートホテルのビアガーデン。
こちらも満席。
待っても良いのだけど、この混み具合を考えると食欲も…
仕方なしに抜け出す。

こうなったら駅に併設しているロッテリアだ。
「今日はハンバーガーを食べる」って決めていたから。
しかし、どういうわけか、あるべきロッテリアはその場所からなくなっていました。

仕方なしに、コンビニでブルガリアヨーグルトのブルーベリー味を。
妻はビールとおにぎりだったかな。
それらを買ってホテルの部屋に戻りました。
とりあえず、朝からずっと動きっぱなしだったので、二人ともヘトヘトに。

じーっとしながらヨーグルトを食べて。
汗を流すためにシャワーに入りました。
さっぱりして浴室から出るとビックリ!が僕を迎えてくれました。



すごい、花火!
ドーン、パチパチ。
ドーン、パチパチ。

改めて、「花火ってきれいだなぁ」って思う。
花は散るからこそ美しい。
美とは儚さの中にある。
みたいなことってよく言われる退屈な言葉だ。

「私は花火みたいな人生を生きたい」
そう言っていた、とある女性のことを思い出した。
つまり、短く、儚い人生だが、大きな花を咲かせる、というもの。
改めて、「僕はそんな人生、絶対に嫌だ」と思った。

一瞬の美に命を懸けるよりも、煌めく美をできるだけたくさんこの目で見たい。
美しさには大なり小なりあると思うのだけど、ほんの些細な美しさでも良いから体感したい。
そして、結論を言えば、この花火が美しかったことに変わりはない。





眠ると、次の瞬間、朝になっていた。
時計を見るとまだ早いので、パソコンを開いて書き物をする。
今月末に出したい賞レースの締め切りがあって、それをコツコツ書いている。
内容は家族の話。
子どもが生まれたことで夫婦に起きた不運がプラスの方向へ再生していく。
子どもはある意味再生の光なのかもしれない、というような話(ざっくり)。

良い時間になったので、妻と一緒に寝ぐせのままモーニングを食べに行く。
二階のレストランでビュッフェ形式の朝食。
野菜と果物を中心に、卵とかベーコンとか、たこ焼き風のグラタンを皿によそう。
ん?グラタン風のたこ焼きか。
ま、どっちでも良いけれど、ホワイトソースが濃厚で美味。
利用客は大陸からのお客様とこんがり肌のサーファーで9割5分といったところ。
りんくうタウンは、もはや中国です。

部屋に戻って身支度を整えると、朝一番のりんくうプレミアム・アウトレットへ。
アウトレットなんて朝一に行くことがない。
行ったとしても昼以降になる。
こんな経験なかなかないので、MUSIC CIRCUS前にご挨拶。
照りつける太陽の中、妻は日傘にサングラス。
僕もこっそり陰の中にお忍びさせて頂いて、店へ向かう。



到着してびっくり。
朝一番だというのに、人でパンパン、大賑わい。
この様子だと今日もハンバーガーはお預けだ。



「なるほどでーす」
が口癖の店員さんにはやられた。
あれ、呪文のように頭の中に響いてくる。
しかも中毒性があって、気付けば「なるほどでーす」を言わそうとしている自分がいた。
「なるほどでーす」欲しさの言葉のキャッチボール。

シャツを何点か買い、妻も変わったズボンを購入。
良い買い物ができた。
それをホテルに置いて、いざ、タルイサザンビーチへ。

行くのは電車。
荷物も、車もホテルに置いて、JRで関空へ。
そこから南海電車があるので、会場の最寄り駅まで向かう。
行き道をホテルの受付で聞く。
南海電車しか通っていないらしいから、乗り換えがあってややこいい、とのこと。

何も分からず、関空から南海に乗り換えて向かったけれど、二つ目の駅がなんと「りんくうタウン」。
ん?何やら見慣れた風景、というか目の前のあの建物、ワシントンホテルやないかい!とツッコミを入れながら電車は進む。
つまり、関空に行かなくとも、ホテルの前の駅から会場の最寄り駅まで行くことができた、ということ。
何、この無駄足。
ま、それも旅の醍醐味。



いくつめかの駅で和歌山方面へ乗り換え。
すると驚いたことに、半分水着みたいな格好のギャルたちが一斉に電車に乗り込んできた。
どうやら彼女たちはMUSIC CIRCUSに行くようだ。
場違いな雰囲気に圧倒される僕と妻。




太陽は熱いし、肌は小麦色だし、目のやり場に困るし、僕は文化系だし。
LIU武術協会のメンバーも、もちろんカルパッチョ系のアゲアゲメンバーっていう訳ではないので、どこか居心地が悪そうな雰囲気。
ま、MUSIC CIRCUSはDJイベントがメインなので仕方がないのだけど。



僕はイーティンさんたちのステージがくるまで肉フェスエリアで…

IMG_1314.jpg

ハラミステーキです。
うまかった。
ガーリックバターをつけて、ビールでもやるとオツなものです(僕は下戸なので飲みませんが)。

IMG_1319.jpg

なんだかよく分かりませんが、こういう人もいたりして、楽しい雰囲気。





17090103.jpg

とにかく、すごいパーティでした。

IMG_1326.jpg

妻もイーティンさんも楽しそう。





↓LIU武術協会の記事はこちらをチェックしてください↓


いやぁお疲れ!お疲れ!
と言いながら、打ち上げをミナミの芙蓉苑でしようということになり。

僕と妻はりんくうタウンへ車を取りに行って、そのままお店へ向かいました。
店にはイーティンさんと従妹の女の子がすでの宴をはじめていて。
とにかく辛い四川料理に舌鼓。
麻婆豆腐に担々麺と、最高に痺れる(心も舌も)料理の数々。
ウサギの肉の料理と、鶏肉の辛い料理が最高でした。

今度、スタッフを連れて食べに行こうと思います。



結局、こういうことになってしまうのですが…



その後、クラブ(踊る方)に行き、一日を締めました。
クラブなんてもう10年以上行ってません。
何より、みんな楽しそうで、僕は幸せでした。

17090104_20170909015844723.jpg

真っ赤っか!
動画を載せたいのですが、載せ方が分からない、ということで断念。
そんなフレキシブルな一日。
普段慣れないことをするのって、刺激的。
脳細胞が若くなったのを実感している次第であります。

たまには、こういう何でもない日記を書いてみたり。

響け、タルイサザンビーチの空へ

天馬鈴若 IN 肉フェス(コラボレーションMUSIC CIRCUS'17)
~夏、香る男~



17082512.jpg



行ってきましたMUSIC CIRCUS'17
タルイサザンビーチの潮風と共に、音楽と歓声は彼方へ、と。

どこからか聞き覚えのある音。

ロックの音色とその伸びやかな歌声に誘われて、会場へ進んでいくと…
天馬鈴若師匠を発見!



17082501.jpg



第一回大阪泉州夏祭りにおけるMUSIC CIRCUS'17など複数のイベントとコラボレーションした肉フェス
ステージでは天馬鈴若&その一味さんのライヴがはじまったところでした!



17082504.jpg

17082505.jpg

17082506.jpg

17082507.jpg

17082508.jpg

17082509.jpg

17082510.jpg

17082511.jpg

17082513.jpg



夏、香る男。
天馬鈴若師匠とまたお会いできることを楽しみにしています♪

ハンドガン・ワークショップ

映画作りのための銃に関するあれこれ。



17080801.jpg



映画監督の儘田聰氏による役者のためのハンドガン・ワークショップが大阪市内のスタジオで開かれました。

【内容】
・ハンドガンワークショップ初級編1
・映像作品で出てくるハンドガンの種類
・シナリオで出てくる各部の解説
・扱い方、撮影時の注意
・役による持ち方の違い、構え方の違い
・モデルガンによるアクション
・時間があれば、参加者の映像を撮って、その場でチェック
・初心者の方、女性の方、モデルガンに触ったことの無い方大歓迎です。
〈Facebookより〉





17080814.jpg



まずは、銃に関する知識から。
儘田監督自ら数種類の銃を並べ、受講生にレクチャー。



17080807.jpg



国ごとに使われる銃器にも種類があり、また年代によっても使用されるものは異なります。
映画作品に登場する銃や現場(時代)での流行など、興味深い話を織り交ぜながら説明を。



17080805.jpg



儘田聰監督は2016年、アクション映画専門の映画祭《シネマジャンクション》で脚本賞押井守賞を受賞されています。

監督作品『SAJI Red Dollar』はシリーズもの。
手に汗握るアクションシーンはもちろんのこと、人間の内面を描くそのストーリーメイキングは日本トップクラスの審査員から高く評価されました。
作品における心理描写と緻密な構成力が儘田映画の特徴です。



17080815.jpg



続いて、実際にモデルガンを手にしてもらいます。
俳優は「銃のエキスパート」の役以外にも、「初めて銃を持つ人物」の役が回ってくることがあります。
ですので、「初めて銃を手にした感覚」を覚えておくこともまた大切なこと。
銃の質感、重さ、匂い。

五感で感じたものを記憶に焼き付けます。



17080806.jpg

17080808.jpg



実際に銃を使って構えてみましょう。



17080816.jpg



構え方のレクチャー。
ハリウッドで流行した「ウィーバー・スタンス」、そしてより実践的な「アイソサリーズ・スタンス」
どの年代からウィーバーが流行したのか、そして俳優の個性的な撃ち方の話なども織り交ぜながら教えてくれます。


17080817.jpg



受講者も実践。



17080811.jpg

17080810.jpg

17080809.jpg



実演の時のリアルな目線の使い方、美しい見せ方、足さばき、また俳優としての映像での人物と銃の活かし方など。
役者、または映画作りに関わる裏方にとっても、かなりためになる講義です。
動きには全て理由があり、また、それを踏まえながら演技することでその人物、ひいては作品に説得力が生まれます。
これはかなり大事。



17080812.jpg



実際に設定を決めて、動き(演技)の中で銃を取り扱ってみましょう。
儘田監督自ら映像を撮ってくれました。



17080803.jpg



今回、儘田監督のアシスタント(サブティーチャー)として参加した千田伸行さん。
『SAJI』シリーズ主演SAJI役の俳優。
シネマジャンクションでは主演男優賞を受賞された本格派。
千田さんがお手本を見せながら、受講者は後に続きます。



17080802.jpg



銃についての基礎知識、また手にした時の立ち居振る舞い。
シナリオにはト書きとセリフしか書かれていません。
その間を埋めるのが俳優の表現力。
映像で魅力的に自分をアピールするテクニックなど、出し惜しみなく教えてもらえるワークショップ。

知識を学び、経験を重ね、よりよい表現を追求できる魅力的な講座でした。
是非、今後も定期的に開催してもらいたいです。


俳優・女優だけでなく、映画作りに関わる全ての人に参加をおすすめします。



17080813.jpg