第十回カウンターパフォーマンス『香り』

昨夜、私の店CafeBarDonnaにてカウンターパフォーマンスが催されました。
その概要をほんの少し。

カウンターパフォーマンスとは私、嶋津亮太がカウンターに並ぶお客様にトークとスペシャルなカクテルでおもてなしさせて頂くというイベントです。
おおよそ月1度のペースで催すのですが、毎回トークテーマを変えて、そしてそれに合わせたカクテルをお出しします。


第一回の『一期一会』から

『言霊』
『商人』
『笑いとアメリカ』
『火』
『脳』
『光と狂気~エスプレッソな夜に~』
『哲学ドルチェ』
『身体の不思議』

と続き、今回が『香り』をテーマとしました。


『香り』おもしろいですね。
料理を楽しむにもワインやウィスキー、カクテルを楽しむにも『香り』は大切な要素です。
むしろ舌の上で感じる情報よりも、『香り』が味覚に影響を及ぼす情報量の方が断然多いのです。
味は嗅覚が支配していると言っても過言ではありません。
その証拠に鼻をつまんでものを食べるとほとんど味がしません。
子供が嫌いなものを食べる時に鼻をつまむのはこのためです。

視覚や聴覚が受け取った情報は大脳新皮質へ送られます。
理性を司る部位ですね。
しかし嗅覚の情報は小脳へと信号が送られるのです。
小脳は本能を司ります。
ということは、視覚や聴覚の情報よりも嗅覚から受け取る情報の方がより人間の本質的部位に訴えかけるということなのです。


ココ・シャネルは言いました。

「もっと不思議で、人間的なのは匂いよ」

ココ・シャネルの功績の一つとして有名なのが香水です。
当時シャネルが作った香水はセンセーショナルでした。
「アルデヒド」という物質を香りの中に混ぜたのです。
「アルデヒド」とは、二日酔いの時の酸っぱい匂いだとか、カメムシの匂いの中にある物質です。
つまり「くさい」匂いですね。
もちろん香水作りにおいてその物質は敬遠されてきました。
そのタブーと言われてきた「アルデヒド」を使って香水を作ったのです。

対比効果と言いましょうか。
スイカに塩をかけるように。
美しい旋律にある種の違和感を加えるように。
言わば、反対の要素を加えることで別の要素を引き出したり、際立たせたりすることですね。
平坦な感覚に奥行きを作り出したのです。 
心地良い香りの要素に歪みを組み入れ、セクシーで深い香りを演出した、ということです。


私はほうじ茶と桃のカクテルをアペリティフとして出しました。
その場でフライパンの上で煎茶の茶葉を炒ります。
芳ばしい香りが店中に流れました。
ほうじ茶の香りにはリラックス効果があるので、それを実際に体感して頂いたのです。
茶葉を焙じることで香りの種類が増え、感じることのできるエリアが広がるのです。

焙じた分、茶葉に焼き目が付き、味わいに香ばしさが出ます。
この苦みを利用して桃の甘みを引き出し、コクを表現します。
先ほどの対比効果です。
熱湯で一分間蒸らしたほうじ茶とピーチリキュールを高速シェークして冷やし、カクテルグラスに注いでお出ししました。


香りには身体に及ぼす効能があります。
ほうじ茶のリラックス効果もそうです。
例えば、ローズマリーなら記憶力、発想力の強化や疲労回復が。
ラベンダーなら鎮静効果、免疫力強化、皮膚の再生力まで期待されます。
イランイランには異性を惹きつける効果があると言われています。
これらはハーブティや、アロマキャンドル、精油をお風呂に垂らすなどして体感することができます。


『香り』の不思議な力を話、体感して頂いた後、四種類のカクテルを作りました。

~春のカクテル~
ズブロッカとあんこ、エスプレッソを使い桜餅のような味わいを。

~赤富士~
あまおうをふんだんに使い、ウォッカとベリーで。
上にゴールドラムを混ぜた七分ほどのゆるいホイップを。

~高貴なジントニック~
ライムをジンに漬け込みインフューズドし、そのまま凍らせてジントニックに。
シャルトリューズのスプレーで香りを演出。

~香水~
香水とカクテルをマリアージュ。
アップルブランデーとスミレ、グレープフルーツで味付け。
充分な量のミントにクラッシュドアイス。
ガーニッシュに香水を振った羽を添えて。

香りを意識して作ったカクテルたち。
お客様にも変化していく味と心に満足していただけたようでございます。


最後に
「香りという無限の組み合わせを感じる嗅覚というものは、動物をそれ自体喜ばすものである」
レオナルド・ダ・ヴィンチ


多彩な香りで、豊かな人生をお送りください。