ラ・ラ・ランド

『ラ・ラ・ランド』

観ました。
脚本・監督は前作日『セッション』で話題をかっさらったデミアン・チャゼル。
もうね、最高。
オープニングの渋滞の高速道路でのダンスを観ただけで、この作品にかける熱量と仕事量は把握できる。
長回しのカメラ、俳優たちが歌い踊る模様、それが一つの作品としてもはや完結している。

話は、ムービースターに憧れる売れない女優のミアと今や廃れた音楽となったジャズを何より愛する時代錯誤な男セブ(セバスチャン)の恋物語。
月9ドラマみたいに仲の悪い関係からはじまって、次第に惹かれあっていく、分かり易い筋。
ストーリーももちろん大切だけれど、この映画の見所はそこではない。

現実のドラマのリアリティとミュージカルで華やかに踊る虚構世界が絶妙なバランスでミックスされている。
どちらもライトな味付けでさっくりやっているのではなく、深く深く掘り下げて濃厚に仕上げているからすごいのです。
ドラマの深み、リアリティを突き詰めながら、虚構のミュージカルだってとことんやっちゃってる。
それがちぐはぐにならないのは、接着面を繊細に工夫しているから。
ミアとセブの会話から歌と踊りに入るシーンなんかでも、無理のない設定でフェードインする。
例えば、ヒールで足の疲れたミアがシューズに履き替えるシーン。
自然な流れでタップシューズを履いて、二人でタップダンスがはじまる。
この辺りは絶妙な演出だ。

あと、音楽ももちろん素晴らしいが、映像がきれい。
色にこだわってると思う。
カラフルなのだけど、大人のカラー。
つまりディープカラーで色彩鮮やかに映し出す。
この「大人さ」がライトな印象へ移りがちなミュージカルへの重みとなる。
歴史的な映画作品、またはミュージカルをオマージュした構成、見せ場の数々。
そして現代のカメラにしか出来ない躍動感ある動き。
昔と今を絶妙にミックス。

映画好き、ジャズ好き、またはそのどちらも好きな方にはたまらないと思う。
いわゆるオタク系の愛情の深さを登場人物からも、監督からも感じる。
だからデートがダサかろうが、身に付けているものがダサかろうが、なんてことない。
何かのオタクである人は、彼らのそんな姿が愛おしくってならないはずだから。

脚本がとにかく面白い。
大筋は分かり易く、セリフや人物設定の細かさには何度も笑わされた。
付き合っていた彼氏がミアを迎えに来た時の「駐車場の真ん中に駐めれたよ」っていう一言。
それだけで馬鹿っぽさが伝わる。
音楽のセッションだけでなく、会話のセッションも抜群だったなぁ。

相手の期待に応えたくてバランスを失っていく。
それは一人の問題ではなく、一人のバランスが崩れると(良くなろうが悪くなろうが)二人のバランスも崩れていく。
この辺りの心の動きの描き方、リアリティのあるミアとセブの演技でもう大満足。

ラストは賛否両論あるだろうけれど、僕はデミアン・チャゼル監督のやりたいことが全部見れて幸せだった。
なるほど、これをやりたかったんだ。

映画館に観に行くべき作品だと思います。
充分チケット代の元は取れます。
そして、今後人間の身体を駆使したエンターテイメント系の映画、かなり難しくなるだろうなぁ。
ラ・ラ・ランドが全体のハードルを上げてしまった気がします。

神のゆらぎ

映画『神のゆらぎ』を観た。

ダニエル・グルー監督作品。
1つの事故に宗教問題、酒や男女における倫理問題などの4つのストーリーが絡み合う群像劇。
『Mommy/マミー』などで監督として有名なグザヴィエ・ドランが俳優として出演している。
題名の通り、神の思いつきのような采配が登場人物を残酷なほど弄ぶ。
神の気まぐれは人間の一喜一憂を嘲笑う、いや、ちっぽけなそれぞれの運命などに興味はないのかもしれない。

映像と音楽の美しさによって、すぐに作品の世界へ引き込まれます。
特に心情を表したような音響の効果に、心は揺さぶられます。
時間軸が行ったり来たりしているのが最初は分からないのですが、作品の世界へ入り込んでいくうちに、次々とパズルのピースがはまるように理解が深まっていく様は物語の醍醐味かもしれません。
分からないものが時間と共に理解していく。
ばらばらだったものが一つずつ形を成していく。
登場人物の抱える問題、それはあまりに個人的であり、人によっては醜ささえ感じる種類のものであるのだが、時と共に(それはある事故の予感を匂わすことや次第に深まる人物への愛着から)、それらを許し、むしろ背中を押している自分がいる。
この人物に対する観客の心の変化は、物語が捻れつつも、あらゆるものを巻き込みながら、確実に前進していることの証明だろう。
物語の力はそこにある。
問題が解決せずとも、時間と共に進む中で観客に心の変化を与える。
そう、問題が解決せずとも。
問題の解決が目的なのではない。
それは物語が鈍く、大きな力で、じわりじわりと進む中で偶然得た副産物のようなものだ。
目的は観客の心の変化である。
本作はそれを見事にやってのけている。

作品の中で渦巻く緊張感や重たい空気、微かな喜び、その裏に潜む淋しさ、陰、数種類の胸騒ぎはそのための演出、つまりは触媒であったことに気付かされる。

救いのない話だ。
ただ、それをもったいぶらずさらりと終える辺りも僕の好みである。
この辺りの編集には監督もしたり顔だろう。

時間がある時にじっくり観て欲しい映画だ。

ヒメアノ~ル

映画『ヒメアノ〜ル』を観ました。

古谷実原作の漫画を実写化。
濱田岳さんにしろ、森田剛さんにしろ、役者がうまい。
面白くて、怖い。
まさに古谷実氏の世界観。
僕は原作が好きで、あのみっともないというか、どうしようもない男たちが奏で合うユーモアは癖になる。 台詞はもちろん必要な材料だが、実写化する時に難しいのは俳優たちの間である。
この言葉にない行間を読み込み、表現する技量が試される。
それらを難なく(軽々と)やってのける濱田岳さんとムロツヨシさん。
古谷実氏の色を崩さず、リアルな演技を見せる。

原作での前半と後半の落差。
果たしてどのように仕立てているのか、気になるところであったが、森田剛さん演じる役柄の暗闇が開く場面でクレジットが流れ、あたかも全く別の作品がはじまったかのような2回目のオープニング。
そこからまぁ怖い、怖い。
酷い、酷い。
森田剛さん、似合う、似合う。
役柄が憑依したような、フラットなトーンでの狂気は見事。
あぁいう風に感情を失いながらの暗さって「いかにも」感が出やすいんだけど、森田剛さんはその役そのものに見える。
ユーモアと狂気が行ったり来たりする複雑な作品。

怖いのが苦手じゃない人は見てみる価値あり、です。



ルーム

映画『ルーム』を観ました。

7年間監禁された女性とその子どもの話なのですが、かなりショッキングです。
男の子が狭い部屋の中の家具一つ一つに挨拶するところから映画ははじまります。
映像は冷ややかでトーンは落ち着いています。
これらの不文律な映像と牧歌的な男の子の声のアンバランスさに、胸はざわざわします。
この辺りの演出は見事。

物語の途中で彼女とその子どもはある男に監禁されていることが発覚するのですが、ここでようやく今までの不調和の理由が腑に落ちるわけです。
男の子は、彼女が男に監禁されて犯されたことによって生まれた子ども。
いかに残虐か、いかに救いのない状況か。
彼女は子どもを脱出させることを企てます。
かと言いつつも5年間、この狭い部屋に閉じ込められていて、外の世界のことを知らない男の子には酷な話です。
知らないどころか、「外」という概念さえも分からないのです。
結果、彼女の思惑通り脱出するのですが、ここまでで映画は半分。

実はもう半分の物語は、監禁が解かれたあとの母と子の苦悩を描いているのです。
どちらかと言えばこちらが本筋。
失われた7年に落胆し、苦しめられる母。
その反対に5歳の男の子はあまりに純朴な、あまりに無垢なその心と体によって、外の世界と自然に順応し始めます。
それは驚くほど「当たり前」かのように。
その母と子のズレが、2人の心に歪圧を与えます。
脚本が素晴らしく、自然体の子どもの言葉に何度もやられました。

純粋に周りの人に対する感謝や嫌悪の言葉は、悪気がないだけに、真っ直ぐに響きます。
当たり前過ぎてつい見落としがちな言葉の数々。
分からないからこそ口にする言葉。
それらは効果的に観る者の胸を打ちます。
最後、誰もいない狭い部屋に戻った男の子はその家具一つ一つに別れの言葉を送ります。
外に出ると母と子の忘れがたい過去、そして絆の固さによって乗り越えてきた今、不安な未来を予想するように柔らかい雪がぽつぽつと降る中、幕は閉じます。

主演の女優さんと男の子は抜群の演技も見どころです。

あぁ、いい映画を観た*

博士と彼女のセオリー

『博士と彼女のセオリー』を観ました。
理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士の人生が描かれた作品です。
物語は恋人のジェーンとの出会いからはじまる。
同じ大学でスティーヴンは物理学、ジェーンは文学を専攻していて、その知性と清らかさに惹かれ合う二人。
そんな中スティーヴンの病が発覚する。
ALSという筋肉が固まる病気。
スティーヴンは医者から余命2年を宣告される。
二人の愛はその逆境をも乗り越え、結婚に至る。
子供にも恵まれ、スティーヴンの論文は学会で評価を受ける。
順風満帆な生活。
しかし、スティーヴンの病は次第に深刻に。
ジェーンの精神もそれに伴い疲弊していく。
そこからお互いの愛についての考え方。
好奇心、欲望、後悔、諦め、許し、葛藤が描かれる。
余命とは裏腹に生き続けるスティーヴン。
お互いの認識のずれ、そして愛の離れた情が複雑に状況を繋ぎ、離し、繋ぎ、離す。

光を効果的に使い、映像を印象的にしてまいます。
青がかった画面とぬくもりのあるオレンジの画面。
特にスティーヴンの病が発覚する前、メリーゴーランドのある広場での場面。
煌めく暖色のあかり、打ち上がる花火は星が踊るように。
「夜空の輝きは星の誕生と死の瞬間、紫外線を浴びることにより白く光る」
物理学者から見た夜の空。
ロマンティックな言葉と美しい背景に心奪われる。
この後に起こる壮絶な苦難を引き立てる映像美。

孤独や理論の発見、哀愁や歓びを光を効果的に使った映像でうまく表現しています。

ジェーンがスティーヴンの眼鏡を拭うシーン。
それは映画のはじめと終わりにあり、お互いの環境も心境も身体も心の変化の中での同じ行為。
ここまで観てきた者の言いようのない感情を溢れさせる。

スティーヴン役のエディ・レッドメインの存在感には拍手喝采。
ただ単にALSの役という単純な表現ではなく、身体の自由は奪われても脳、そして心はスティーヴンのままであるその目に見えない豊かさを抜群の演技で見せてくれる。
喜び、悲しみ、時にユーモアを交えた繊細な表現力。
ホーキング博士の葛藤がありありと見え、すんなりと感情移入させてくれます。

このホーキング博士の伝記的作品から私は何を想うのか。
私はジェーンのことを決して悪く思うことはできません。
これは私たちの課題でもあります。
家族の中に介護が必要な者がいた場合に起こる摩擦。
日常での怒りやもどかしさを抱くことによる自己嫌悪は決して「悪」ではない。
皆それぞれに人生があり、感情があり、歓びがある。
必要なことは日常に浮き出た怒りやもどかしさをどのように対処するか。
それは介護から生まれる負の感情を絶対的な悪と考えないこと。
福祉の社会に突入するこの国でのテーマとも言える気がします。

そして欠落した機能は時に、並外れた影響力を持ちます。
ホーキング博士の身体的ハンデは雄弁に世界へ向けて語りかけます。
つまり、『欠落』にもそれ相当の『ギフト』が送られる、ということです。
ホーキング博士の功績は多くの意味で人類に勇気を与えました。