料亭に響く和太鼓とJazz

山徳でのJazzと演舞河内音頭。



1706263.jpg



日が暮れ、暖色のあかりが灯る頃。
さぁ、時間となりました。


Jazz演舞河内音頭がはじまります。


前回の記事はこちら
《山徳での一夜》クリックしてください♪



1706227.jpg



先ほどまで水を打ったような静けさだった大広間はお客様でいっぱいになりました。
幕が上がる前の劇場のような、心地良い緊張感。
そこに漂うもの。

それは期待気品





おもてなし研究家の浦川良子さんのご挨拶ではじまりました。
今回のイベントをプロデュースされた当人でもあります。

1706226.jpg



150年の歴史を誇る山徳。
連綿と受け継がれる伝統と格式。

浦川さんがいなければ、今回のような新しい試み、山徳での異空間は演出されることがありませんでした。

様々な縁を繋ぎ合わせる、魅力的な方です。





そして開演。

まずはJazz
心待ちにしていたお客様からは大きな拍手が。

1706228.jpg



ヴォーカルの若松美恵子さん。

1706229.jpg


その声の色香。
ジャズのスタンダードナンバーを。



ギタリストの須曽野豊さんとのハーモニー。

1706230.jpg



由緒ある料亭。
歴史を刻んできたその壁に、心地良く染み入る弦の音色、そしてフロウする声。



1706232.jpg

1706231.jpg

1706233.jpg



ジャズの音色に耳を傾け、酒を酌み交わす。
次第に熱を帯びてくる空間。





また、会席料理にも舌鼓。

1706225.jpg

1706235.jpg



お料理の写真、今回はここまで。

「おいしそう!」
「もっと見たい!」


そんなあなたを少しじらせます。

料理長とそのお料理の紹介は次の機会に。





そしてそして、お待ちかね。
演舞河内音頭。

1706236.jpg



櫓大悟一門会。
櫓大悟師匠と櫓祥鼓さん。



1706237.jpg



まずは櫓祥鼓さんの演舞和太鼓。

一般的には太鼓を叩く時は法被を羽織ります。
祥鼓さんは着物を召しての演舞。

このパフォーマンスは世界に一人だけ。
その迫力ある演技を写真でお届けします。



1706239.jpg

1706240.jpg

1706241.jpg

1706242.jpg

1706243.jpg

1706244.jpg

1706245.jpg



伝わるといいなぁ。
この何倍もの迫力、そして美しさ。



そして師匠、櫓大悟さん。

1706246.jpg



無法松の一生。

これぞ真打!

名演技。
玉の汗を弾き、魂を削りながら、歌い、舞踊する。
会場からは思わず声援が。



1706247.jpg

1706248.jpg

1706250.jpg

1706251.jpg

1706252.jpg

1706253.jpg

1706254.jpg



会場は大きな拍手で包まれます。


そして、最後は大悟師匠、祥鼓さんの二人で太鼓を白熱の連打。

1706255.jpg

1706256.jpg

1706257.jpg

1706258.jpg

1706259.jpg

1706260.jpg



万感胸に迫る、拍手喝采!

いやぁ、痺れました。
「これぞ、芸」
言い締めた大悟師匠に再び大きな拍手が注がれました。



1706261.jpg



大盛況に終えた今イベント。
最後に料理長からご挨拶が。

「今までに企画したことのない内容で、お客様に行き届いたおもてなしが出来たのかが気がかりです」



1706262.jpg



どこまでも謙虚で、真摯な姿勢に胸を打たれました。

「この経験と、お客様の言葉を次の機会に活かします」

お集まりした皆様に感謝を述べ、イベントは幕を閉じました。
すばらしい会でした。

浦川さん、山徳の女将さん、そして料理長。
また今回のような素敵な夜を催してください♪



150年の歴史が続く山徳さんの情報はこちらまで
《料亭 山徳》クリックしてください♪

山徳での一夜

八尾の老舗料亭、山徳さんに行ってきた。



1706218.jpg



料亭 山徳

創業 文久三年(西暦1863年)

山徳の創業は、江戸時代が終わろうとする頃、明治の足音を真近に聞く文久三年(西暦1863年)。
当時の武家屋敷をそのままに、料理旅館として営業したことがはじまり。


《山徳の歴史》←こちらをクリックして頂ければHPでご覧頂けます。



1706217.jpg



150年の歴史を持つ老舗料亭の山徳さん。

先日の顕証寺での結婚披露宴では、快く仕出しのご協力をして下さいました。
その時に女将さんと料理長に挨拶をさせて頂いたこともあり、また、友人のご紹介もありまして今回の取材が実現しました。


門構えから風情があり、また玄関から廊下、広間に至るまでの道のり、一歩一歩進むごとに趣を味わわずにはいられません。



1706201.jpg



この日は会席料理を食べながらJazzと演舞河内音頭を楽しむという趣向のイベントが開催されます。

会席料理×Jazz×河内音頭

新鮮な組み合わせの中に感じられるその格調高さは山徳の雰囲気が醸すのでしょう。


1706202.jpg

1706203.jpg

1706205.jpg

1706206.jpg



お客様を迎え入れるまでの準備中に写真を撮らせて頂きました。
凛とした空気、清らかな床、軸、そしてしとやかな花。
心配りは細部に渡ります。
入った瞬間に「思わず息を飲む」、そんな異空間は隅々にまでしつらえられたもてなしの心


おもてなしは準備の段階からすでに始まっているのです。



1706209.jpg



中庭も緑が瑞々しく。



1706210.jpg

1706211.jpg

1706212.jpg



石燈篭に生えた苔が愛おしく、生命の喜び、閑寂の微笑み。



1706213.jpg



梅雨前の蒸し暑さが嘘のように、ここでは涼やかな風が流れている。
緑の下をくぐった風は心地良い。



1706214.jpg

1706215.jpg

1706216.jpg



中庭の鯉にも目を引かれ。



1706207.jpg

1706208.jpg



さて、そう言っているうちにお客様がやってきました。



1706220.jpg



万端の準備。
仲居さんが、笑顔で迎え、ちゃきちゃきと動き回ります。



1706223.jpg

1706224.jpg



先ほどの静けさから一転。
さてさて、活気が溢れてきました。
気品ある空間に溶け込んでゆきます。

ライヴの模様は、また引き続き。

プライマルラジオ17.06.11放送分

ノブキックス降臨!






俳優であり、ユーチュバー、そしてツイキャサーインスタグラマー、そして最近では新たにフォトグラファーの一面も見せる千田伸行さんことノブキックスがプライマルラジオのゲストとして出演してくださいました。

俳優・タレント業の話から、最近修行しているというカメラの話まで、こだわりのこってりトークを聴かせてくれました。






そして、ノブキックスのオススメ映画を紹介♪

『アジョシ』



ウォンビン主演の韓国アクション・スリラー映画。

昨年、ノブキックス自身がシネマジャンクションというアクション映画祭で『SAJI Red dollar』,『 フラータァ』の二作品で優秀男優賞を受賞。
その影にも『アジョシ』の影響があったのだとか。
詳しくは音声で。



ヴィジュアルや軽快なトークだけでなく、いつでも・どこでも・誰とでも、隔たりを作らない人間性もまた魅力的。
豊かなタレント性を感じずにはいられません。







恐るべし、ノブキックス。

また、遊びに来てほしいです♪



*登録ありがとうございます*
《リョウタチャンネル》クリックしてね♬